健康の基本は食事と睡眠と適度な運動です。普通の大人でしたら誰でも知っている事実であることは周知の通り。これらをきちんと実行するかしないかの差があるだけでしょう。

私は30代に突入した頃の数年間、特に病気は見つからなかったのに体調があまり良くなかったという時期がありました。日本女性の平均寿命は80歳を超えているので、それを考えると30代はまだまだ若い世代です。しかし、そうは言っても30代は紛れもなくミドルエイジ。10代20代の頃と同じような生活を続けていたら、調子が悪くなってしまうのも当たり前です。そこで私も生活全般を見直すようになっていきました。

まずは食生活。料理は好きなので日常的に自炊はしていましたが、それ以前は食べたいメニューを作っていただけでした。特に太りやすい体質でもなく、量をたくさん食べるほうではなかったため、料理に使う食材についてはあまり意識したことはなかったのです。

それで、食材の成分について書かれている本を購入して勉強し、ダイエット用のPCソフトウェアも活用することにしました。そのソフトウェアには、年齢・性別・身長・体重や一日の平均運動量などの基本情報を入力します。その上で、一日に食べたり飲んだりしたモノをg単位で入力してゆくのです。その人が一日に必要な栄養素を計算してくれるため、なにが足りないのか、逆にどの成分を摂りすぎているのかを示してくれるというわけなのです。

私は、通常は3食自炊する生活だったので、正確にデータを入力することが可能でした。料理に使う食材は、デジタルスケールで細かく量ってソフトウェアに入力・分析するという生活を2週間ほど続けると、大体の傾向はつかめるようになっていきました。

気をつけていても、案外タンパク質と繊維を摂るのが難しいことと、脂質は「油」の形で料理に使わなくても食材の成分として摂取してしまっていることがわかったのです。また、和食は砂糖やみりんを調味料として使うことが多いので、たとえお菓子を食べなくても「砂糖」を食べてしまっています。そしてインスタントの顆粒だしにも糖が添加されていることを発見。

それでインスタントのだしやコンソメを使うことを極力ストップして、鶏ガラスープやベジブロスを手作りするようになっていきました。そういう料理の味に慣れてくると、薄味でも十分満足するようになるので、減塩にもつながります。

私の作る料理は、恐らく万人受けはしないと思うのですが、『自力で防げる病』に関しては効果はあると思っています。

 

女性のお化粧において、ファンデーション選びは非常に重要です。

まず色の選定が難しいのです。

とかく女性は肌を色白に見せたくて、白っぽい色目のファンデーションを選びがちですが、かえって白浮きしてしまっておかしくなりがちです。
どちらかというと自分の肌の色よりもやや濃い目の色にした方が無難なものです。

各メーカーにより、ファンデーションの色もそれぞれ違いがありますので、サンプルなどで比較検討してみるとよいかも知れません。(^_-)

次に人によりお肌の質は様々です。

脂性肌の人にはべたつくタイプの物は向きません。

基礎化粧品もさっぱりタイプのもので肌を引き締め、余分な脂浮きなどないように整えます。

そして下地クリームもさらりと整うタイプの物を用います。

ファンデーションは粉タイプかふつうのケースに入ったパウダリーファンデーションにします。(*^^*)

乾燥肌の人は潤いを補うために、しっとりとした状態に保つリキッドファンデーションやBBクリームなどがお勧めです。

この際、重めのテクスチャーのタイプでは肌にのせて、伸ばすのに力が要り、肌に余分な負担をかけてしまうこともあります。

試してみて適度なものを選ぶとよいでしょう。

リキッドタイプのファンデーションを薄く伸ばした上に、パウダーファンデーションをうっすらとブラシなどで重ねると、よりいっそう肌は美しく見えます。!(^^)!

混合肌の人では、まずスキンケアは過不足なく丁寧にしておきます。

そして脂の浮きやすい額や鼻筋には、ごく薄くリキッドタイプを伸ばし、脂取り紙で脂を吸い取っておきます。

その他の頬や口まわりにはリキッドファンデーションを普通に伸ばします。

この上から粉のファンデーションを軽くはたくと美しく、脂による化粧崩れも防ぎます。(*^^*)

敏感肌の人にはなるたけ刺激性の少ないファンデーションを選びます。

粉状のものか、パウダーファンデーションを肌に刺激を与えないように薄く伸ばします。

肌の調子の悪い時にはファンデーションはつけず、眉や口紅だけで済ますことも考慮します。

肌に負担の少ない下地クリームや小じわ隠し用の下地をファンデーション代わりに使用するとよいでしょう。(^o^)

このようにファンデーションも大事ですが、ファンデーションを活かすには素肌のケアもとても大切になりますよね。

私が参考にしているサイトは50代の人向けのサイトみたいなのですが、自分に合ったファンデーション選びだけではなく、女性のためのスキンケアの詳しい方法などが載っているのでとても参考になりますよ。⇒ 50代 ファンデーション

いいファンデーションとキレイな素肌になっていつまでもキレイでいたいですね!

 

昨日、用事があり仲間と車で出かけていました。

用事が済んで、普段ならそのままそれぞれの家に帰るところですが、ちょうどお昼時だったこともあって、みんなでランチをすることにしました。

ちょうど近くにおしゃれなパスタのお店があり、以前から気になっていたお店だったこともあって、その店に入ることになってラッキーと思っていました。人気のお店だったので、予約もせずに行った私たちは、待たなければならないことになりました。

お腹が空いていることもあって、待ちたくはなかったのですが、そこのパスタは美味しいという話を聞いていたので、待つことにしました。

30分ぐらい待つと言われたのですが、外に出ると隣にとても美味しそうなパン屋さんがありました

。パン好きの私としては気になって仕方ない、そして横を見ると、仲間たちも気になっている模様でした。

そこでパン屋さんに行ってみることにしました。中はとても賑わっていて、美味しそうなパンがたくさん並んでいました。

どれにしようか迷ってなかなか決められないぐらい種類も多く、どれも美味しそうにみえました。

ランチだけでなく、明日の朝の美味しいパンもゲットできて幸せな気分でした。そうこうしているうちにパスタ屋さんの席が空き、中に入ることができました。

中は個室のようになった席が多く、どの席もゆったりとしたソファーで、くつろげました。

パスタメニューはとても種類が多く、みんな10分ぐらい悩んでいました。

パスタにだけ目がいっていましたが、前菜もとてもおいしく、肝心のパスタはモチモチで、やはり人気の店なだけあって、美味しかったです。ドリンクバーも充実していて、ドリンクバーに置いてあるスープは具だくさんでヘルシーで、体に良さそうでした。

おいしい料理を食べて満足し、仲間と日ごろの愚痴をしゃべってストレス解消し、とてもよい一日になりました。

普段はそんなに人とランチをする機会はないのですが、たまにはこういう機会もいいなと思いました。

 

私は昔、少し良いなと思う男性がいたので思いっ切ってデートに誘う事にしました。

その男性はアパレルで働いているショップ店員さんだったのと、最初にあった時に私はスーツで、次に合うデートでは休日なので私服でいくという事から、メールのやり取りの中でどういったファッションの女性が好きなのか何気なく聞いてみました。

するとカジュアルな感じという話だったので、普段私はカチッとした服装が多い事からせっかくだしこれを機にカジュアルな感じも買ってみるかと、洋服を事前に買いにいきました。

そして、当日デートに行くと最初は普通だったのですがこういうスニーカーも良いと思うとかこういうデニム格好良いよねという話題が多くなりました。

デートの場所が服屋さんの路面店が多い場所だったので仕方ないといえば仕方ないのかもしれませんが、私が今着ている服を褒めるという事ではなく、その辺に置いてあるマネキンの服ばかりを褒めていたので、せっかくデートに向けて選んだのに何だったんだろうという気持ちになしました。

しかし、それ以外では話していて楽しかったのと、私の事はタイプと話してくれていた事と、今現在他に遊んだりしている女性がいないとの事だったのでわりとチャンスかもしれないと思い、付き合う方向に持っていくために短いスパンで複数回のデートをしました。

そして、次のデートで告白しようと考えている時、その少し前に連絡がきて好きな人が出来てお付き合いする事になったからもう遊びにいけませんと連絡がきました。

正直、私と最初遊んだ後に知り合った人だとしたら付き合うまでの期間が短すぎるから前から知っている人で、私が聞いた時の他に遊んでいる女性がいないというのは、よく見せようとしていった事なのかなと思いました。

今他にも遊んでいる人がいるという事でだったらまたそのうち機会があったら遊びましょうでおわれましたが、私の中では同時に見ていたのかなという疑念が生まれたのでもうその人とは金輪際会わないようにしようと思いました。

 

実家の母の話ですが、若い頃から便秘に苦しんでいました。

週二回程度出ていればいいほうで、常にお腹が張っていて膨満感があるとか、よく愚痴を言っていたものです。

食事にはそこそこ気を遣っており、繊維や水分をたくさん摂るようにしたり、プルーンやヨーグルトなどもよく食べていました。
サプリメントやビオフェルミン、時には漢方薬にも頼って、なんとかギリギリ体調を保っていた感じです。

病院にもかかりましたが、まず言われたのは、運動不足や腹筋が弱いのではないかと言うことでした。
女性はどうしても男性よりも腹筋が弱くなりがちなんだそうです。

実際、一度横になってから体を起こそうとした時、手を使って起こすか足で無理やり勢いをつけなければ、全く起こすことが出来なかったんです。
極端に腹筋が弱いため、それが便秘の大きな原因になっていたようでした。

そこでまず始めたことは、なるべく体を動かすように心がけることです。
例えば買い物に行く時などは、普段通っている近所のスーパーでなく隣町まで足を伸ばすようにするなど、歩く距離と時間を増やすことにしました。

また、体を無理やり起こす形の腹筋は首や腰に負担が大きいと聞き、横になって足を伸ばしたまま少しだけ浮かせる、という方法で腹筋を鍛えることにしました。

毎晩寝る前に布団の上でやったりと、気負わず楽に腹筋を鍛えることができるのが良かったようです。
一日何十回などのノルマを課すことは、長続きしなくなると考えてしませんでした。

そんなゆるい感じで過ごしていたにも関わらず、今までよりも体を動かす時間が増えたことで、少しずつ便秘に効果が出てきたようでした。

その他に気を付けていたことは、出なさそうだな~と思っても、必ず毎日じっくりトイレに座る時間をとることです。
忙しい朝でなくてもいいので、一日一回は必ず長めにトイレに籠っていました。
家族としては、一つしかないトイレを長時間占領されるのはけっこう迷惑だったんですけどね。

現在も、地道に小さな運動を続けています。
毎日快便とはいきませんが、一日おきくらいには定期的に出るようになっていますよ。

便秘がなかなか改善しないという方は、腹筋を使って動くことを心がけるといいかもしれませんね。

 

高校の時の夏休みに家族と青森の海へ行きました。しかし私と兄弟が日焼けが嫌なので海には入らずに景色を眺めるという感じでした。

昼になってお腹が空いてきてどこかで食べようということになりました。すると母が「この近くにマグロ丼が食べられる店がある」と言い出しました。職場の人に教えてもらったらしいです。

その場所を携帯で探し無事店に着きました。昼時だったので少し並ぶくらいに混んでました。私は寿司が好きで、特にマグロとサーモンは大好物だったのでワクワクしてました。

店に入りマグロ丼を頼みました。ちなみに父は何故かカレーライスを頼んでいました( ?-? )

混んでいたこともあり、なかなか頼んだものがこないなーと思ってたところにマグロ丼がきました(((o(*゚▽゚*)o)))私は大盛りを注文していないのに、どんぶりをはみ出してマグロが大盛りに乗っていました。

最初は店のスタッフが間違えたかなと思ったのですが、あとから母に聞いたところ大盛りで有名だということを知りました。こういうのは初めて見たので感動と驚きでいっぱいでした。

店のスタッフによるとこのマグロはとれたてのマグロだそうで、身に脂がのってとても美味しそうでした。

いざ食べてみると、期待を裏切らない味でこんな新鮮なマグロを食べたのは初めてでした(*´Д`*)

ワサビと醤油をかけてペロリと完食しました。母や兄弟もマグロ丼を頼んでいたのですが、誰よりもはやく食べ終わりました。

その店は海の近くで、潮の香りを楽しみながら食べられたので行ってよかったと思います。

話は変わってしまいますが、私の両親は共働きで夜勤もしていて、食事をするときはほとんど一人ぼっちでした。だから家族みんなで食べられたからより美味しく感じたんだと思います。

休みが合わずなかなか遠出はできないので、家族みんなが休みを合わせて海に行けたことはとてもいい思い出となりました。食事をおいしいと感じる時は1人で食べるのではなく、みんなで色んな話をして「おいしいね」といいながら食べる時が1番幸せで楽しい食事だと思います(*n´ω`n*)

 

最近のマイブームはピアノを弾くこと(*´ー`*)

幼稚園の頃、音楽のCDを部屋の中で1日飽きないで聞いていた私。

CDラジカセの近くで曲のリズムに合わせて飛び跳ねたり、手を叩いたりと楽しく過ごしていた。アップテンポの曲になると、テンションが上がって高く飛び上がるものだから、衝撃により音楽が止まってしまう。毎日1回はジャンプで曲を止めては、かけるを繰り返していたら、その部分だけ音が飛ぶようになりました。1ヶ月後はついにお気に入りのCDが聴けなくなってしまい、私はしょんぼり(´・ω・`)

もう1度同じCDを買ってと両親にお願いしたら、同じ曲だとまた壊すからダメと言われ、ピアノの名曲を集めたCDをプレゼントされます。歌詞がなくてつまらないって思ったのは最初のうちだけで、1週間後にはピアノの虜になっていました。聴いては母親に「この曲素敵!」を連発。一番のお気に入りは愛の夢で、こんな曲弾けるようになるといいな♪と軽く言った数日後、一緒にお散歩に行こうと誘われて連れて行かれた先はピアノ教室です。

大好きなピアノとの初めてのご対面にテンションが高まる私に言った母親の一言はピアノ習ってみる?です。それがきっかけでピアノを始めたのですが、音符の読み方、鍵盤の位置、音の長さなど覚えることが山ほどあって難しい楽器なんだと痛感。やっていく中で最も辛かったのは、両手で弾くときに片方の手に連られてまともに弾けないことです。

小学校低学年にして遭遇したこの壁がとても高いものに思えて、私は家でピアノの練習をほとんどしなくなりました。1週間に1回のレッスンのときだけ弾くことをしていたら、高校卒業と同時にやめるまでほとんど上達しなかった。1年前からそのことが気がかりで、もう一度チャレンジしたいと思うようになり、ピアノを始めた。

現在6か月目になるが、指を強化する目的で毎日チェルニー30番やハノンを欠かしていない。同時にゆっくりでもいいから楽譜を読んで両手で弾く練習も行っている。後者は譜読み力をアップさせるためであり、使用している楽譜は新しく揃えたピアノソナタアルバム1と2。

もう1つは中学のとき合唱で使ったコーラスフェスティバル。最近はチェルニーとハノンで鍛えた指がいい音を出すようになってきました。1ヶ月前までは精一杯の力で鍵盤を押しても弱々しい音しか出なかったからすごい進歩。ピアノってすぐに結果が出る楽器ではないけど努力を積み重ねれば応えてくれるんだなって感じます。

指のトレーニングって地味で面白くなく、やる意味ってあるのかな?って思ったけど、結果として指もしっかりして音に安定感が生まれました。譜読みについては、最初は両手で弾けなくて、片手ずつやって両手で弾くことを繰り返していたら、3ヶ月目からゆっくりなら弾けるようになりました。

大人になってからの上達は無理ではないかと思い、3ヶ月間不安な思いを背負ってきましたから、頑張ってよかったと思います。